交通事故での損害

交通事故被害交通事故を起こしたときに、被害者は加害者に対し、賠償を請求できます。交通事故は種類により様々ですが、これは大きく分けて2種類あります。人身事故と物損事故であり、人に対する事故であるか、車に対する事故であるかの2つで分かれます。そしてどちらの場合でも請求できる賠償については、これは3つあり、積極賠償、消極賠償、慰謝料です。

積極賠償は、交通事故で被害にあったときに、支払う必要ない財産の支出であり、交通事故により発生した支払いのことです。これには、治療費や通院費など含まれます。消極賠償は、交通事故で発生した費用のことであり、後遺症などになります。慰謝料は、精神に対する支払う賠償となり、事故での精神的苦痛に加え、肉体的苦痛も含まれます。

ただこれらは、大まかな分類となっており、さらに事故の内容によって、請求できる賠償の種類も変わってきます。例えば治療費に関しても、入院費や薬代、交通費など様々です。車両に関しても、修理費用や買い換え費用などあります。また目に見えない損害も賠償でき、事故による休業分の給料、事故の影響で下がった分の車の価値などあります。人身と物損と大きく2つに分けられますが、物損事故であれば、人身事故と同じように慰謝料も請求は可能です。しかし物に対する賠償となるために、慰謝料は認められるケースは、あまりありません。物損事故であれば、より具体的な内容に対する賠償を請求することが多いです。

〔参考サイト〕https://www.ko2jiko.com/
交通事故相談を受け付けている弁護士法人アディーレです。