車両使用不能時の損害

台車事故車両を修理に出す、買い換えをするなど、一時的に車が使えなくなったときに、代車を使用するとなると、代車使用料を賠償として請求できます。これは代車を必要とする正当な理由と、代車使用料として支払う正当な理由の2つが認められると、請求が可能です。保険会社によっては、代車使用料は支払えないという会社もありますが、請求することは出来ます。

代車使用料は、代車使用の必要性がなければならず、これは自分の車を使用できない期間がないとなりません。営業車などは必要性が認められやすく、マイカーだとケースにより、状況により違ってきます。もちろん使用料を賠償するのは、代車を使っている期間のみです。すでに新車が納車されているのに、代車を使うなど、必要性のない期間も使うと、その期間の金額は賠償としては認められません。

事故車でも、営業車など会社の車であれば、事故を起こして車が使えなくなると、営業に支障が出ます。そのような事故により不利益が出た分に関しても賠償請求することが可能です。これは例えば事故により営業が出来ないとなれば、その期間の経費を算出し、経費分を差し引いて請求します。経費としては、ガソリン代や高速道路の料金などが考えられるでしょう。


You Might Also Like