車体に発生した損害

物損事故で請求できる賠償の1つとして、車体に発生する損害があります。これは車に発生するので、人身事故と違い、目に見えることが多く、請求もしやすいです。

壊れた車まずは事故での修理費があり、原則として修理費相当額を、被害者に請求できます。ただ修理するのに必要な金額を請求しますが、全額必ず認められるとは限りません。また、最低限必要な修理を、それ以上の方法を使って行うと、これは認められません。修理が不可能なほどのダメージであれば、買い換え費用分が認められます。買い換えが必要となれば、車両の時価額に買い換えの諸費用を含め、そこから下取り価格を引いた金額が、賠償として認められます。

修理後は、その車の価値は当然ながら下がります。これは評価損と呼ばれており、車両の評価損額を算出するには、いくつか方法があり、これは中古買取業者が行う方法とほぼ変わりありません。車種やグレード、走行距離、破損状況などを総合的に見て、金額を算出します。ただ事故車の評価損は、多くの場合は、評価損は裁判では賠償として認められます。しかしその後、保険会社は認めず、支払おうとしないことが多いです。裁判で認められても、保険会社は、何かと理由をつけて、支払わないことがほとんどです。


You Might Also Like